FH-05(2011年)



開発コンセプト

~M.M.~
~ Manufacturability & Maintainability ~


マシンコンセプト「M.M.」は、 Manufacturability (製造性) とMaintainability (整備性)です。 製造工程の簡略化、マシンセッティングの容易さに重点を置いて設計を行い、スムーズな製作・調整と 万全なセッティングで大会を迎えることを目標としたマシンが、FH-05です。

主な Manufacturability (製造性) としては、
・フレームの曲げパイプの廃止する。 ・フレームのパイプの切り口をCAD上で再現し、レーザー切断機で加工することで、治具上の溶接のみでの製造を可能にする。 ・Aアームには統一したパイプ用いて、製作の煩雑さを低減する。

また、主な Maintainability (整備性) としては、
・ボルト・ナットのアクセス性を考慮する ・キャンバー調節ターンバックルを採用する

他にも、ドライビングポジションやショックアブソーバーレイアウトの見直しにより低重心化に対応し、 ロール軸の設定を変更することで旋回性能の向上を図りました。


 FH-05 スペックシート
FH-05 スペックシート
FH-05
FH-05