第11回大会(2013年)



参戦6年目 総合14位!


2012年9月3日から9月7日に行われた第10回全日本学生フォーミュラ大会に参戦しました。

今年度は5月末にシェイクダウンができたので、大会前に何度かテスト走行を行うことが出来ました。
しかし、テスト走行でのステアリングのトラブル発生や、カウル製作の遅れなどがあり、出発の前日まで製作・修復に追われました。

大会1日目は上位チームの事前車検日でした。
私たちは昨年39位であったため、この事前車検を受けることはできず、大会2日目に車検を受けなければなりません。
車検を一回で合格するため、この日は自分たちで模擬車検を行い、少しでも指摘される可能性のあった部分は修正しました。

大会2日目はコスト審査・デザイン審査・プレゼンテーション審査という全ての静的審査と、さらに車検を受けるという日程となりました。
各静的審査の結果はコスト審査が13位、デザイン審査が35位、プレゼンテーション審査が15位でした。
デザイン審査では順位を落とした一方で、プレゼンテーション審査は事前準備の徹底により順位を上げました。
車検は、エンジンからのオイル漏れの可能性を指摘され、また燃料系の検査に時間が掛かり、全検査項目を終えることが出来ませんでした。
そのため、その日のうちに2度目の車検を受け、残った検査項目とオイル漏れに問題がなかったため、無事に車検を合格しました。

大会4日目と5日目は動的審査です。
まず、アクセラレーションでは、シフターに問題が起きて上手く加速できなかったため、41位という結果になりました。
一方、スキッドパッドは13位、オートクロスは17位というまずまずの結果でした。
最後のエンデュランスでは、ドライバーの交代に時間が掛かりペナルティを受け、その結果20位に終わりました。
静的審査と動的審査の結果、私たち北海道大学は総合14位でした。

昨年度の大会はリタイヤに終わり、順位の巻き返し、さらにはトップ10位以内の入賞を目標に活動して参りましたが、その達成は叶いませんでした。

この悔しさを忘れずに、来年度に向けて活動して参りたいと思います。
今大会に参加できたのも、ご支援頂いたスポンサー様、FAの先生方、応援して頂いた全ての方のおかげです。
誠にありがとうございました。


2012
第11回大会 チーム集合写真